引越し キャンセル料

引越しとキャンセル料

引越し キャンセル

 

予約済の引越しをどうしてもキャンセルしなければならないこともあり得ます。
交通事故や急病による手術などどうにもならない場合は、キャンセルするしかありません。

 

こんなときに気になるのは、キャンセル料のことだと思いますが、どんな決まりがあるのでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると、以下のような記載があります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できます。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

つまり、引越しの前日と当日のキャンセルのときだけキャンセル料がかかることがわかりますね。
すごく親切だと思いませんか?

 

しかし引越し業者にとってみれば、引越日ギリギリのキャンセルにもかかわらずキャンセル料も請求できないのですから迷惑な話ですね。
せめてキャンセルが決まった時点ですぐに連絡してあげてくださいね。

 

もしかしたら他の人の予約を入れるチャンスがあるかもしれないからです。

 

この「標準引越運送約款」は引越し業者に大変不評です。
いずれ改訂されることも考えられますから、引越し業者と交わした契約の中のキャンセルの項目には必ず目を通しておきましょう。

トップページ > 食器棚を1番安く簡単に運ぶ方法