食器棚 運ぶ 方法

食器棚を1番安く簡単に運ぶ方法

食器棚 運ぶ

食器棚 配送

食器棚 運送

食器棚 輸送

食器棚 送る

 

背が高くて大きな食器棚、中には大量の食器。
食器棚を運ぶのはなかなかの重労働です。

 

大きな家具を運んでくれる業者といえば、大手の運送会社か引越し業者などが考えられます。
この中で費用が安くなるチャンスがあるのは、数の多い引越し業者です。

 

やはり、価格競争がなければ料金が安くなりません。
複数の業者から見積もりを取って、比べるのが一番簡単で確実な方法となります。

 

でも、1社1社に連絡するのは大変です。
今は引越し業者の一括見積もりが出来ますので、是非ご活用くださいね。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

妊婦さんや仕事で忙しい方のために、中の食器を梱包して荷解きもやってもらえるプランもあります。
おまかせプランの見積もりも、一括見積もりできますよ。

 

料金を比較して、自分にピッタリの業者を見つけてくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越し業者と繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越し業者には1年のうちで最も忙しい「繁忙期」というものが存在します。
この繁忙期は3月前後で、日本全国の引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなるのです。

 

なぜ3月が繁忙期になるかといいますと、4月からの新学期に備えて新社会人や新大学生が一斉に引越しをするからです。
さらに春の人事異動もあいまって、3月は転勤族のサラリーマン家族や単身赴任のサラリーマンの引越しも多い時期なのです。

 

もし引越しの時期にこだわりがないのであれば、繁忙期を避けたほうが良いです。

 

繁忙期は引越し料金が通常期よりも高く設定されているからです。

 

引越し業者はスタッフを増員して繁忙期を迎えます。どうしても通常期よりも費用が高くなるのです。
それでも繁忙期に引越しするのであれば、新居が決まったらすぐに一括見積もりをして複数の引越し業者から見積もりを取りましょう。

 

繁忙期といえど、料金には差がありますが、安くてサービスの良い引越し業者から予約がどんどん埋まります。
繁忙期の引越しはスピード重視です。

 

 

引越しの条件を見直して費用を安くする

 

引越し見直し

 

繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いですね。
これは引越しをする人が多いので、引越し業者の仕事量に見合う金額になっているからです。

 

しかし通常期でも、土日祝日の午前、大安などは人気があるため、他の日よりも費用はやや高めになります。
といいますか、人気のある日は引越し業者が割引しづらいと言えます。

 

では平日の午後もしくは時間を決めないフリー便はどうでしょうか?
引越し業者の仕事に余裕がある時期は、費用を割引して集客するため、価格を安くすることができるのです。

 

ほかにもトラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人知人はいるけど車がない人にはオススメです。
それならレンタカーでも良い気がしますが、トラックに荷物を積む際に家具家電をどうやって乗せればいいのか案外わからないものです。

 

引越しのなかでも一番お金がかかるのは、長距離の引っ越しだと思います。
距離にもよりますが、長距離であれば数十万円かかってもおかしくありません。
一人暮らしの引越しなら、単身パックや混載便を利用するのがオススメです。

 

これは同じ方面に荷物を運びたい何人かでトラックの費用を割る混載便で運べば、経費がかなり抑えられ安く引っ越しできます。
このように引っ越しにはいろいろ安くするポイントがあるのです。

 

 

引越しの手順

 

引っ越し手順

 

引越しは沢山することがあるので、おおまかな流れを把握しておくだけでも負担が軽減しますよ。
ぜひ一度ご確認くださいね。

 

引っ越し手順

 

引越しと言えば引越し業者決めが気になるところです。しかし新居が決まっていないと見積もりを取ることができません。
どうしてかと言いますと、新居のエレベーターの有無やトラックの停車位置などによっても引越し料金が異なるからです。
例えば物件までの道が狭くてトラックが入れないこともあります。そうなるとカートを使った人海戦術となるため費用があがります。
引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからです。

 

次は不用品をどんどん処分して荷物を減らしましょう。
新居に持って行ってからゆっくり分けたい気もわかりますが、いらないものを運ぶにもバッチリ送料がかかるので勿体ないのです。
売ったり、あげたり、捨てたりするにも時間がかかるので早めに始めましょう。

 

そして引越し2週間前になったら、市町村役場に行き市外への引越しの場合は転出届を提出します。
これを出さないと新居での手続きが進みません。出し忘れると手続きが面倒になります。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておくといいですね。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
それぞれの会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

さて引越ししたら郵便物が新居に届かなくなるのは困りますね。
ですから最寄りに郵便局に行き、転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分で運びましょう。
これらは万が一のことがあっても保険で何とかできません。自分で管理しましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
先のばしにすると忘れがちなので、早めに行ってください。

 

 

エアコン 移設